湘南ねこの会

ワケあり居残り猫

湘南ねこの会には、里親さんを見つけることが絶望視されていたり、里親募集が非常にしづらくて、居残ってしまった猫がいます。
そんな猫たちを、ご紹介します。

No.1 ゆきちゃん
d0179994_00503002.jpeg
4月で16歳になります。
無責任に繁殖させ放題の家から出て来たところ、交通事故に遭いました。
そこへ行き合わせた、私の長女を含む大学生たちに保護されて、湘南ねこの会にやって来ました。
まだ生後6ヶ月のゆきちゃんは、キティちゃんよりも可愛らしく、ケガが治ると、直ぐに里親募集を始めました。
間もなく里親候補の方が現れて、トライアルに入りました。
しかし、直ぐにこんな猫は、とても飼えないと…
外に出さないようにしたら、大暴れしてしまったのだとか。
うちに帰って来たら、隙をついて、2階から飛び降りて脱走‼️
努力はしたのですが、こちらが根負けして、外出自由猫になりました。
第二の家を持ち、そちらではチビちゃんという名前をもらい、お風呂に入れてもらったり、首輪も時々新調してもらったり、世渡り上手なゆきちゃんです。
年を取り、腎臓も悪くなり、ほとんど外にも出なくなりました。
宅配便のお兄さん、お姉さんに、「ゆきちゃんは、どうしたんですか?」と心配されるほどの人気者でもあります。
長生きして欲しいです。

No.2 クロマメ
d0179994_00491289.jpeg

2010年8月生まれの女の子
平塚市内で、3きょうだいで保護されました。
d0179994_23413522.jpeg
ビクビクきょうだいでしたが、取り分けクロマメちゃんは、風が吹いてもビックリする子で、エイズキャリアであることも分かり、あっさり里親募集を諦めました。
でも、D-フラクションやAHCCなどのサプリメントを差し入れてくださる、ファンもいるのです。

No.3 かんなちゃん
d0179994_00520847.jpeg
2014年4月生まれ。
生後3週間で、平塚市内で保護された三きょうだいでしたが、1匹は間もなく死亡。
残るかんなちゃんとかぶくんも、入退院を繰り返す虚弱児でした。
かぶくんはエイズキャリアでもありましたが、理解ある里親さんに巡り会いました。
この子です❣️
d0179994_23523830.jpeg

もし、もらっていただいて、直ぐ死んでしまったら、里親さんに申し訳ないので、里親募集をやめました。
今はどちらも、病気一つしない丈夫な子になりました。
かんなちゃんなど、女の子なのに、体重は5kg以上。
ワクチンに行くと、病院のスタッフに、「確か虚弱…だったよねぇ?…」と言われています。(笑)

No.4 キャサリン
d0179994_00473433.jpeg
2014年7月生まれ。
平塚市内で生後3週間で保護しました。
小さいのに、離乳食もきれいに食べて、トイレも失敗しない、実にしっかりした子でした。
ところが、生後1ヶ月ちょっとの時、倒れて来た脚立の下敷きになり、脊椎損傷。下半身麻痺となりました。
圧迫排尿が必要な身体になってしまいました。
おまけに、トウモロコシにアレルギーがあり、トウモロコシを含んだフードを食べると下痢します。
また、穀物フリーのフードでも、脂肪分が高いと下痢します。
更に尿石症も発症し、ブルーバッファローの処方食しか食べられなくなりました。
本人…本猫は障がいなんて、物ともせず、活発で強気です。
上半身はムキムキで、気に入らない猫をぶっ飛ばしています。😱
時々、妙に子猫に好かれます。
d0179994_00193767.jpeg
No.4 ドミニコ
d0179994_00495991.jpeg

2016年5月生まれ
平塚市内で保護された二匹きょうだいです。
健康で、可愛くて、性格も良いのですが…
どうしたものか、リラックスしている時に、身体が不随意にピクリピクリと動きます。
てんかんのような激しい痙攣ではないものの、脳に何らかの問題があるのでしょうと、言われました。
しかし、MRI検査は10〜20万円かかるそうで、検査したからといって、原因が分かるとは限らないし、原因が分かったとしても治療の方法があるかは、また別の問題です。
そんなこんなで、今まで来てしまいましたが、最近、ピクピクしなくなったみたいです。
先生とも相談して、里親募集を再開しようかとも考えています。

No.4 ペトロ
d0179994_00482713.jpeg
推定7歳と思っていたけれど…
地域猫でしたが、虐待されて、腹壁ヘルニアになってしまいました。
完全室内飼いにしようと、1年間頑張りましたが、おしっこかけがひどく、他の猫とトラブルが絶えず、とうとう、室内飼いを諦めて、外猫にしました。
寒い日や荒れ模様の天気の日は、家に入ります。
最近、体調を崩して、病院で色々検査した時、10歳近いのでは?と言われました。
う〜ん、里親募集は難しいかな?

No.5 ババちゃん
d0179994_00480915.jpeg
年齢不詳、高齢
取り壊される市営住宅に、取り残された地域猫です。
保護してみたら、高齢の上に、足が不自由で、しかも人馴れしない子でした。
これでは、居残り決定ですね。

湘南ねこの会には、このような猫がいます。
子猫の保護は、ある意味簡単です。
すぐに人馴れしますし、欲しがる方も多いです。
でも、病気、障がいのある猫、高齢の猫、人馴れしない猫は、残ってしまいます。
生涯面倒を見ることは、とても、大変なことです。
預かりにご協力いただける方を、募集しています。
どうかよろしくお願いします。m(_ _)m

[PR]
by patirisia | 2018-02-18 01:17 | 保護猫紹介 | Comments(0)
<< かんなちゃん、新しいお家へ❣️ はるちゃん おめでとう >>



神奈川県平塚市を中心に活動する湘南ねこの会の活動記録です。4人で更新していますので、文体の違いなどはご容赦ください。
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
居残り猫ババちゃん改め咲ちゃ..
at 2018-07-19 18:41
フリマ in OSC湘南シティ
at 2018-07-14 20:00
マルタ再出発&#128150;
at 2018-06-20 19:40
いっちゃんが、桃子ちゃんにな..
at 2018-06-12 12:06
子猫さん、横浜へ❣️
at 2018-06-12 02:05
里親さん決定❣️
at 2018-06-11 22:41
フリマ in OSC湘南シティ
at 2018-06-09 21:08
またまた…‼️
at 2018-06-04 20:46
まだ、いたんかい⁉️&#12..
at 2018-06-03 23:57
子猫追加で〜す❣️
at 2018-05-31 23:48
フォロー中のブログ
リンク
ブログパーツ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧