湘南ねこの会

迷子のねこちゃん

d0179994_12552172.jpg

湘南ねこの会に相談が来ました。

このねこちゃんが迷子になってしまいました。
チビちゃんという8歳の男の子、去勢手術済みです。
11月4日の夕方からいなくなってしまったそうです。
場所は神奈川県平塚市纏(まとい)というところです。
もし、お心当たりの方がいらっしゃいましたら、ご連絡くださいね。
黒とグリーンの鈴とペンダントがついた首輪をしています。
体重6.8kgといいますから、結構大きい子です。
尻尾は短めだそうです。

外出自由にしていて、無事に一生を全うするねこちゃんもいます。
でも、外へ出るということは、事故に遭ったり、病気に罹ったり、こうして行方不明になってしまう危険が伴います。
大事なねこちゃんです。
どうか完全室内飼いにして、お外へは出さないでくださいね。

しかし、いなくなったからと言って、諦めてはいけません。
探しましょう!
チラシ、ポスター、聞き込み、色々な方法があります。
ねこの会も人手不足なので、一緒に探してあげることはできませんが、
捜索のノウハウをお教えしたり、チラシ、ポスターの作成など、お手伝いできることがあります。
どうぞご相談くださいね。
[PR]
# by patirisia | 2010-12-09 13:20 | 猫と暮らす | Comments(0)

ケイトちゃんお試し飼育へ

d0179994_158989.jpg

本日、保護猫ケイトちゃん(写真奥の子)が、千葉県船橋市にお試し飼育に行きました。
メンバー2人が電車を乗り継いで、お届けしました。
里親候補さんが最寄の駅までお迎えに来てくださいました。

普通なら全然問題なく正式譲渡となるのですが、問題は先住ねこちゃんです。
この子が新しい子を受け入れてくれるかどうか、それがカギになります。
いきなり一緒にすれば、お互いにビックリしてしまいます。
顔合わせをして、最初は接触しないようにして、徐々に馴らしていくようにします。

どうか、うまく行きますように!
[PR]
# by patirisia | 2010-12-05 21:55 | 譲渡 | Comments(0)

ウィルス検査

保護活動をしていると、色々なことに遭遇します。
分かっているようで分かっていないことがたくさんあります。
今日もそんな体験をしました。

去年保護した子なのですが、里親さんがみつからないまま、生後6ヶ月になりました。
ウィルス検査をしたところ、FeLV(ウィルス性白血病)が陽性と出ました。
ウィルス性ですから、他の猫に感染します。
予防のワクチンがあるのですが、効果は100%ではない、とも言います。
そして、他の感染症と違って、ワクチンをしてあるから、罹っても軽く済むという病気ではないのです。
感染したら、一生キャリアとして、発症の心配と向き合いながら生きていかなくてはなりません。
そんなわけで、FeLVキャリア、FIV(猫エイズ)キャリアの子の里親探しはとても難しいのです。

ですから、その子も里親募集を取り止めて、メンバーの家でずっと飼われることになりました。
ところが、FeLVキャリアの子が欲しいという人が現れました。
今、飼っている子がFeLVキャリアなので、同じ病気の子を友達として迎えたい、ということでした。
それならば・・・とそのキャリアの子を候補に上げました。
でも、念のため、と再検査してみました。

すると、何と、FeLV陰性と結果が出たのです。
これはどういうことなのでしょう?
先生のお話によると、通常の動物病院で使っている簡易検査キットでは、たまに起こる間違いなのだそうです。
FeLVウィルス以外のものを拾ってしまい、陽性と判定してしまうことがあるのだそうです。
逆に、陽性であるのに陰性と判定することは、まず、ないそうです。
ですから、今回の判定は信頼していいとのことです。
また、一つ勉強しました。

里子に出る話は壊れてしまいましたが、新たに健康体として里親募集をするつもりです。
[PR]
# by patirisia | 2010-12-04 00:42 | 猫の病気 | Comments(0)

次々保護されています。

d0179994_0214348.jpg

第1弾です。
大豆くんと名付けました。
ノラちゃんが産んだ子のようですが、おっとりしているので、保護されました。
これから寒くなります。
どうか1日も早く、いい里親さんが見つかりますように。

この他にも3匹保護されています。
ワクチン、健康診断など、整い次第、里親探しのHPに掲載します。
                              ↓
            http://huat.jp/syounan-neko/ctg/1
[PR]
# by patirisia | 2010-12-03 00:31 | 保護 | Comments(0)

猫グッズ、猫マンガ

d0179994_0104393.jpg

湘南ねこの会の活動とは、余り関係ありませんが・・・
猫好きの人って、どうして猫グッズを集めたがるのでしょう。(私もそうなんですが・・・)
今日はこれをいただきました。
メモスタンドとガラス製の黒猫ちゃんです。

d0179994_0133621.jpg

これはまた、別の人からいただきました。
どちらの方も猫を飼っていて、保護活動をしています。

d0179994_0154662.jpg

そして、これは猫マンガです。
猫マンガというジャンルがあることを数年前に知って、とても驚きました。
実は、湘南ねこの会のメンバーにはマンガ家がいます。
この本にはその人の作品が載っています。11月26日に発売になりました。
興味のある方は立ち読みでもいいから、ちらっと見て下さいね。
[PR]
# by patirisia | 2010-12-01 00:08 | 猫と暮らす | Comments(0)

それは困ります

たまに、本当にごくたまになんですが、出かけるから、ねこちゃんを預かって、と言われる方がいます。
私たちが猫のボランティアだから、タダで気軽に預かってくれると思っていらっしゃるみたいです。
でも、それは困るんです。
私たちは止むに止まれず、飼い主のいない猫を保護します。
もらわれなかった猫は、自分の家の飼い猫になります。
自分の猫の世話と保護猫の世話だけでも大変なのに、よその猫をお預かりする余裕はありません。
人様の猫をお預かりするのは、とても神経を使います。

猫を飼ったら、普段の世話はもちろんですが、色々な事態を想定する必要があります。
旅行や仕事で家を空け、猫の世話ができないことだって起こり得ます。
その時、どうしますか?
獣医さんやペットホテルや知り合いに預ける、
或いはペットシッターや知り合いに留守宅に来てもらって、猫の世話をしてもらう。
そういう対策を考えておく必要があります。
その費用も、猫を飼ったらかかるものとして、覚悟しなくてはいけません。

ボランティアに頼めば、何とかしてくれるだろう、そんな風に考えられると、私たちもとても困ってしまいます。
私たちは好きで、気楽に猫を集めているわけではありません。
健康管理に気を遣い、1匹でも多く、1日でも早く、いい里親さんを見つけて、幸せになって欲しいと思って活動しています。
[PR]
# by patirisia | 2010-11-29 01:50 | 猫と暮らす | Comments(0)

ノアちゃん、再びお試し飼育へ

d0179994_2352761.jpg

今日、ノアちゃんが横須賀市にお試し飼育に行きました。
以前、やんちゃ過ぎると返されてしまったノアちゃん。
今度こそはうまく行って欲しいものです。

知らないところに来て、最初はビクビクおどおどしていたノアちゃんですが、
すぐに馴染んで新しいママに抱っこされていました。
この後、気持ち良さそうに寝てしまいました。

お兄ちゃんやパパが帰って来たら、どうでしょう?


d0179994_23562288.jpg

そして、間も無く、こんなに楽しい写メが届きました。
お兄ちゃんのいい相棒になりますように!
[PR]
# by patirisia | 2010-11-26 23:55 | 譲渡 | Comments(0)



神奈川県平塚市を中心に活動する湘南ねこの会の活動記録です。4人で更新していますので、文体の違いなどはご容赦ください。
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
フォロー中のブログ
リンク
ブログパーツ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧