湘南ねこの会

カテゴリ:猫の病気( 57 )

酸素室が届いたよ!

d0179994_3212267.jpg
d0179994_3214830.jpg


酸素室が届きました。
扱いはそんなに難しくありません。
酸素濃度が適度になるように調整してもらいました。
濃縮された酸素は湿度ゼロです。だから、お水は忘れずに。
それと、酸素室の温度は室温よりも高くなります。
エアコン26℃設定で、酸素室内は28℃。
空気の流れは、酸素濃度を低下させますし、この季節、エアコンは欠かせません。
酸素発生装置は1日150円程度の電気代がかかるようです。
これは色々頑張らないと!!
[PR]
by patirisia | 2011-09-10 20:19 | 猫の病気 | Comments(0)

レンタル酸素室

d0179994_3132258.jpg


酸素室に入ったら、復活した三毛3。
酸素室でいい状態を保てるなら、酸素室をレンタルして、自宅で看護したらどうか、と先生に提案された。
いいかも知れない。
問題は経済的なことだが・・・
何とか頑張ってみよう!
[PR]
by patirisia | 2011-09-08 03:07 | 猫の病気 | Comments(0)

変化なし

d0179994_0571256.jpg


今日も三毛ちゃん、不調です。
ごはんも食べません。
[PR]
by patirisia | 2011-09-07 00:54 | 猫の病気 | Comments(0)

三毛3入院

d0179994_0501764.jpg


朝起きてみたら、三毛ちゃんの様子が本当におかしかったのです。
顔色が悪い、としか言いようがなく、かなり辛そうでした。
出かける予定を遅らせて、病院へ直行しました。
取り敢えず入院しましょう、ということで、酸素室に入れられました。
この先、どうなるのでしょう?
不安ばかりが募ります。
[PR]
by patirisia | 2011-09-06 00:42 | 猫の病気 | Comments(0)

三毛ちゃんの治療

d0179994_2303957.jpg


やっぱり調子の悪い三毛ちゃん、今日からネブライザーをすることになりました。
人間と違って、口にチューブを入れて吸入ができません。
それで箱に入れられて、その中に薬液を噴霧します。
ごはんも食べないので、栄養剤を入れた皮下補液もします。
元気になって!三毛ちゃん!
[PR]
by patirisia | 2011-08-08 20:28 | 猫の病気 | Comments(0)

退院したけれど・・・

d0179994_232284.jpg


三毛ちゃん、取り敢えずごはんを食べるから、と退院になりました。
ホントに大丈夫なのでしょうか?
心配です。
[PR]
by patirisia | 2011-08-03 02:01 | 猫の病気 | Comments(0)

お見舞い

d0179994_15956100.jpg


三毛ちゃんのお見舞いに行ってきました。
やっぱり元気がありません。
でも、ごはんは少し食べたみたいです。
[PR]
by patirisia | 2011-08-02 01:57 | 猫の病気 | Comments(0)

猫エイズ

d0179994_1455924.jpg

保護猫クロマメちゃん、生後8ヶ月を迎えましたので、ウィルス検査をしました。
結果はFIV(俗に言う猫エイズです。)陽性と出てしまいました。
他のきょうだいと比べると、生長も悪く、なかなか風邪も治らないので、おかしいとは思っていましたが、
悪い予感が的中してしまいました。

FIVは猫エイズとも言われ、その言葉から、大変悪い病気と誤解されている面があります。
確かに発症の危険をずっと持ったまま生活しなくてはいけないから、軽く考えてはいけません。
でも、私は経験的に、それほど怖い病気とは思っていません。
まず、簡単には感染しません。
傷(ケンカ傷、咬み傷)から、感染する場合がほとんどですので、
不妊・去勢手術をして、完全室内飼いをすれば、他の猫に感染させることも、また、感染させられることもありません。
接触感染や母子感染はほとんどないと言われています。
また、キャリアのまま、発症しないで、長生きする子も、少なからずいます。

私事ですが、我が家の駒子という猫は、FIVのキャリアです。
元の飼い主さんが亡くなっているので、正確な年齢は分かりませんが、20歳近いです。
大分よぼよぼしてきましたが、ちゃんとごはんも食べ、普通に生活しています。
特に悪いところはありません。

FIVキャリアの猫を飼う時の注意を書きます。
FIVというのは、免疫不全の病気ですから、他の感染症に罹らないように注意することが肝心です。
まず、色々な感染症の危険にさらされないように、完全室内飼いをすることです。
次にワクチンを接種することで、ウィルス性鼻気管炎や汎白血球減少症(猫パルボ、伝染性腸炎ともいう)、カリシウィルス感染症(猫のインフルエンザとも言われます。)、FeLV(ウィルス性白血病)などの感染から守ってあげます。
栄養に気をつけて、場合によってはサプリメントなども利用して、免疫力を高めるようにします。
このような注意をすれば、FIVは決いたずらに怖がる病気ではありません。

クロマメちゃんはとても人なつこい甘えん坊です。
病気のことを理解してくださる良い里親さんを見つけてあげたいと思います。
[PR]
by patirisia | 2011-03-18 01:42 | 猫の病気 | Comments(2)

クロマメちゃん退院

d0179994_1212292.jpg

クロマメちゃん、一晩で元気になって退院しました。
帰ってきたら、喜んで、盛大に爪研ぎをしていました。
でも、次回からはワクチン接種の時は、気をつけなくてはいけませんね。
[PR]
by patirisia | 2011-02-15 19:22 | 猫の病気 | Comments(0)

クロマメちゃん入院

今日、クロマメちゃんが元気がないので、病院に連れて行きました。
熱はなかったのですが、ワクチンの時から体重も増えていないし、入院することになりました。
どうもワクチンの影響のようです。
[PR]
by patirisia | 2011-02-14 21:16 | 猫の病気 | Comments(0)



神奈川県平塚市を中心に活動する湘南ねこの会の活動記録です。4人で更新していますので、文体の違いなどはご容赦ください。
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
フォロー中のブログ
リンク
ブログパーツ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧