湘南ねこの会

カテゴリ:猫の病気( 52 )

ジュリちゃん

d0179994_2233973.jpg


ジュリちゃんはどうも不調です。
今日は酸素室ごと通院しました。
体重も800gを切りそうです。
心配で、何も手につきません。
[PR]
by patirisia | 2011-10-25 22:02 | 猫の病気 | Comments(0)

ジュリちゃんが不調

d0179994_20667.jpg


どうも昨日辺りから元気がないジュリちゃん。
病院に行ったら、点滴をしてみましょうということになりました。
取り敢えずは自宅に酸素室もあるので、自宅で点滴です。
これで回復しなかったら、諦めてください、というようなことを言われました。
確かにジュリちゃん、驚異的に頑張っています。
そんなに無理して・・・と言う方もいるかも知れません。
実際何がベストの選択なのか、正直分かりません。

言えることは、体が悪いだけで、ジュリちゃんは普通の猫なのです。
ごはんを喜んで食べて、爪を研いだり、抱っこが好きな普通の猫なのです。
少しでも多く、「普通」に過ごせる時間を持てたらいいな、と思います。
[PR]
by patirisia | 2011-10-18 20:58 | 猫の病気 | Comments(0)

キャリーで通院

d0179994_14103263.jpg


ジュリちゃん、だいぶ具合が良くなってきたので、今日はキャリーで通院です。
もちろん、病院にいる間は酸素を供給してもらうのですが・・・
少しずつでいいから、元気になって欲しいです。
[PR]
by patirisia | 2011-09-24 14:08 | 猫の病気 | Comments(0)

治療

d0179994_12522770.jpg


今日も続く三毛3の通院。
[PR]
by patirisia | 2011-09-18 12:51 | 猫の病気 | Comments(0)

通院も重労働

d0179994_353953.jpg


三毛3の酸素室生活が始まりました。
何と通院の時は、酸素室ごと行きます。
食器を取り出して、酸素を満たして、通気口などをテープでふさいで、そのまま車に載せます。
病院では待ち時間は酸素を供給してもらいます。
そのまま、ネブライザーをします。
皮下補液して、また、酸素室に酸素を満たして帰ってきます。
それほど重いものではありませんが、これだけの作業はなかなか重労働です。
1日おきの通院、頑張ろう!!
[PR]
by patirisia | 2011-09-12 03:51 | 猫の病気 | Comments(0)

酸素室が届いたよ!

d0179994_3212267.jpg
d0179994_3214830.jpg


酸素室が届きました。
扱いはそんなに難しくありません。
酸素濃度が適度になるように調整してもらいました。
濃縮された酸素は湿度ゼロです。だから、お水は忘れずに。
それと、酸素室の温度は室温よりも高くなります。
エアコン26℃設定で、酸素室内は28℃。
空気の流れは、酸素濃度を低下させますし、この季節、エアコンは欠かせません。
酸素発生装置は1日150円程度の電気代がかかるようです。
これは色々頑張らないと!!
[PR]
by patirisia | 2011-09-10 20:19 | 猫の病気 | Comments(0)

レンタル酸素室

d0179994_3132258.jpg


酸素室に入ったら、復活した三毛3。
酸素室でいい状態を保てるなら、酸素室をレンタルして、自宅で看護したらどうか、と先生に提案された。
いいかも知れない。
問題は経済的なことだが・・・
何とか頑張ってみよう!
[PR]
by patirisia | 2011-09-08 03:07 | 猫の病気 | Comments(0)

変化なし

d0179994_0571256.jpg


今日も三毛ちゃん、不調です。
ごはんも食べません。
[PR]
by patirisia | 2011-09-07 00:54 | 猫の病気 | Comments(0)

三毛3入院

d0179994_0501764.jpg


朝起きてみたら、三毛ちゃんの様子が本当におかしかったのです。
顔色が悪い、としか言いようがなく、かなり辛そうでした。
出かける予定を遅らせて、病院へ直行しました。
取り敢えず入院しましょう、ということで、酸素室に入れられました。
この先、どうなるのでしょう?
不安ばかりが募ります。
[PR]
by patirisia | 2011-09-06 00:42 | 猫の病気 | Comments(0)

三毛ちゃんの治療

d0179994_2303957.jpg


やっぱり調子の悪い三毛ちゃん、今日からネブライザーをすることになりました。
人間と違って、口にチューブを入れて吸入ができません。
それで箱に入れられて、その中に薬液を噴霧します。
ごはんも食べないので、栄養剤を入れた皮下補液もします。
元気になって!三毛ちゃん!
[PR]
by patirisia | 2011-08-08 20:28 | 猫の病気 | Comments(0)



神奈川県平塚市を中心に活動する湘南ねこの会の活動記録です。4人で更新していますので、文体の違いなどはご容赦ください。
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
フォロー中のブログ
リンク
ブログパーツ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧