湘南ねこの会

猫虐待現場から


今、湘南ねこの会が取り組んでいる問題です。
4月の初めに、平塚市某所よりノラ猫の相談がありました。地域で猫の虐待があると言うのです。殺された猫もいるとのことでした。
聞いてみると、その地域では、ノラ猫の不妊・去勢手術が全く行われていないようでした。
ノラ猫の苦情なら、不妊・去勢手術を進めることで、問題は徐々に解決していきます。しかし、虐待となると・・・

取り敢えずは捕獲器を仕掛けてもらいました。
捕まったのは、白いオス猫。首にひどい傷があります。
病院で去勢手術の時に、診察してもらいました。針金のような固い物を首に巻き付けられたためにできた傷とのことでした。去勢手術後の化膿止めにコンベニアを注射しているので、治りを見てください、と言われました。
頭の傷は疥癬です。
虐待の現場に戻すわけにはいかないので、ケージに入れて、キープしました。仮名シロくんです。
d0179994_0254470.jpg

d0179994_026916.jpg


1週間後にまた獲器捕を仕掛けたら、捕まったのはキジトラのメス。妊娠中でした。堕胎手術の上に、ワクチンや駆虫、ノミ駆除までやったので、かなりダメ―ジが大きかったみたいです。
春なので、はるちゃんと命名。
d0179994_0305246.jpg


その次に捕まったのは、キジ白のオス。白血病キャリアでした。この子は否応なく、白血病部屋行きです。
陽光の陽くんと命名。
d0179994_031359.jpg


この子の頭の傷を見て、ハッと気が付きました。そう言えば、はるちゃんも頭に傷があったっけ。そう思って見ると、シロくんの頭の傷も疥癬だけではなさそうだし・・・
小さく丸い傷。何の傷だろう?タバコの火を押し付けてできた傷のように思えます。しかし、寄ってこないノラ猫にはこういう傷はつけられません。と言うことは、なつかせてから虐待したのでしょうか?悪質です・・・

3匹とも不信の目で睨み付けてきます。陽くんは手が出ます。それはそうでしょう。人間にひどい目に遭わされたのですから。
昔使った皮手袋を探しましたが、見つからなかったので、買ってきました。

4匹目に捕獲した子は、黒い長毛の男の子。エイズキャリアでした。この子は特に傷はなさそうです。目つきも穏やかに見えます。
空くんと命名しました。
d0179994_0324622.jpg


相談してきた人は、警察には通報していないようです。近所の人間が犯人なのには間違いないし、そうすると、仕返しも怖いです。それに、動物虐待など、警察が取り合ってくれないのではないかという気持ちもあるようです。

私はもちろん警察に行きました。シロくんの写真と報告書を持って・・・
意外なことに、ものすごく対応が良かったです。受付の人からして、「えっ!虐待ですか?それはひどいですね。」という反応でした。
生活安全課に案内されて、応接室・・・ではなく、取調室に通されましたが、1時間も真剣に話を聞いてくれました。
動物虐待事件のファイルがちゃんとありました。虐待のあった地点も、明細地図で確認してくれました。
猫は順次保護して、里子に出すか、みなしご救援隊に入れるという話をしたら、
「現行犯でないと、捕まえるのは難しいけれど、パトロールを強化します。また、情報がありましたら、お願いします。ありがとうございました。」と深々と頭を下げられてしまいました。

市役所には口頭で伝えましたが、メモを取りながら、キチンと聞いてくれました。

最悪だったのは保健所です。
見たわけじゃないだろう、とか、虐待でできた傷という確証があるのか、とか、どうしろと言うんだ、とか、まあ、昔は警察もこんなでしたけどね。

後日、市役所に別の用事で行ったら、「この前の虐待のこと、警察からも話がありましたよ。私たちも注意しますね。」と言われました。おお、警察と市役所、連携しているんですね!!

さて、つい一昨日、新たな情報が得られました。
夏に90歳のおばあちゃんから頼まれて、保護したトマスくんは、虐待現場の近くにいた子です。
遅れ馳せながら、トマスくんに里親さんが決まった、というお手紙を書いて、写真を添えて持って行きました。
手紙の中に、「近くで猫の虐待があります。トマスくんは変な人に捕まらないで、良かったですね。」と書きました。

後で手紙を読んだおばあちゃんが電話をくれました。
何と、虐待は30年前からあるのだそうです。おばあちゃんの飼い猫も行方不明になったとのことです。
「犯人」の目星はついていて、そこの敷地で死んだ猫も見たことがあるそうです。その人の家の納屋(物置のことか?)に閉じ込められた猫を助け出したこともあるそうです。「犯人」は70代の夫婦者で、変わり者で、まともな話が通用しないとか。
ほぼ間違いはないけれど、証拠がないもので・・・とおばあちゃんは悔しそうでした。
う~ん、悔しいのは私も同じです。必殺仕事人かゴルゴ13に頼んで始末してやりたい!!

現場の猫は5匹と聞いていたけれど、陽くんと空くんは見たことがない猫だそうです。ということは、最低でもあと3匹いることになります。
みかさんが1匹は預かってくれることになっていますが、もう、うちもいっぱいです。
どなたか、数ヶ月の覚悟で預かってくださる方はいませんか?
よろしくお願いします!
[PR]
by patirisia | 2016-05-01 23:58 | 保護 | Comments(0)
<< 湘南ねこの会 定期総会 チャッピーちゃん >>



神奈川県平塚市を中心に活動する湘南ねこの会の活動記録です。4人で更新していますので、文体の違いなどはご容赦ください。
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
乳飲み子♡2
at 2017-05-11 01:10
しま子さん、2度目の輸血
at 2017-05-08 19:37
遂に命ちゃんを確保!!
at 2017-05-06 23:06
命ちゃん発見!!
at 2017-05-03 23:58
乳飲み子♡
at 2017-04-29 21:11
マミーちゃんお届け
at 2017-04-29 21:03
しま子さん輸血
at 2017-04-26 23:51
THEドラ猫その後…
at 2017-04-26 19:42
保護猫コロンちゃん、絶賛脱走..
at 2017-04-26 16:01
乳飲み子は順調です❣️
at 2017-04-24 11:32
フォロー中のブログ
リンク
ブログパーツ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧